二面体群 | 生成元についての関係式を正方形の合同変換で具体的に理解する

二面体群-生成元と関係式-表紙

" 二面体群 “は、二つの生成元によって生成されている有限個の元から成る群です。

図形の形を変えない合同変換によって生成される群を正方形の対称性を視覚的に見ながら観察しています。

群論の入門的な学習に、xy座標における点と点の線形変換を通じて、具体的に解説をしています。

合同変換というのは、図形の形を変えない変換です。

平行移動、回転移動、直線に対する折り返しという鏡映という中学や高校の数学で馴染みのある線形変換を用いた群を考えます。

図形的に群の作用(置換)による点の動きをイメージできるので、学習をし始めるときに良い例かと思いますので、今回の内容を投稿しました。

xy座標平面からxy座標平面への線形変換を考えます。

二つの線形変換で生成される正方形の二面体群について、生成元と関係式について解説をします。

二面体群 :生成される群

二面体群-正方形と対称性

行列 A は、原点中心の左回り 90°の回転を表す行列です。

B は、y = 0、つまり、x 軸(横軸)について点を折り返すという鏡映を表します。

A が表す線形変換を f、B が表す線形変換を g とします。

f, g は xy-座標平面 R × R から xy-座標平面への線形変換となっています。

A と B の行列式が 0 でないので、どちらも逆行列をもちます。

そのため、f と g は逆写像 f-1, g-1 をもちます。

f と g は、図の正方形の四点を置換します。

f だと、頂点 V1 を原点を中心として左回りに 90° 動かします。すると、V1 は V2 に移動します。同じく V2 を中心角 90° で左回りに回転させると、V3 に移ります。

f によって、V3 は V4 へ、V4 は V1 へと移動します。

このため、f という線形変換を施すと、
正方形V1V2V3V4 は、
正方形V2V3V4V1 へと移動します。

移動した後の図形の形は、同じ単位円周上に四つの頂点がある合同な正方形です。

線形変換を施した後も、施す前の図形と合同になっている合同変換です。g についての頂点の動きも押さえておきます。

x 軸についての折り返しなので、V1 は V1 へ移動します。

g について、点 V1 は動かない固定点です。同じく軸上にある V3 も動きません。

一方、V2 は x 軸について対称に折り返されるので、V4 へ移動します。V4 は、その逆の動きで、折り返されて V2 へ移動します。

そのため、
正方形V1V2V3V4
  ↓ g
正方形V1V4V3V2

鏡映 g を施した前後で、正方形は合同な同じ図形のままです。

これら、f, g という可逆な線形変換によって生成される群を考えます。

二項演算の定義

f と g で生成される群を考えるのですが、群の二項演算として、写像の合成を考えます。

xy-座標平面についての線形変換どおしの写像の合成が積なので、結合律が成立しています。

恒等写像 e も、正方形V1V2V3V4 の合同変換です。恒等写像なので、どの点も動かしません。

ちなみに、e を表す行列は、2 次の単位行列です。

また、f の逆写像 f-1 は、原点を中心とする左回り 270° の回転を表す線形変換です。

逆写像より、f-1f = e = ff-1

原点を中心に点を左回りに 90° 回転させてから、さらに 原点中心に左回り 270° の回転を行うと、360° 回転したことになります。

これは、結局、点を動かさなかったことと同じということです。

同様に、270° 回転させてから 90° 回転させると、360° 回転で動かさなかったということになります。

x 軸についての折り返しである g だと、g 自身が g の逆写像となっています。

x 軸について折り返してから、もう一度折り返すと、もとの点に戻ります。

つまり、V2 → V4 → V2

合成写像の記号を使って、表すと、
g2(V2) = g(g(V2)) = g(V4) = V2

同じく、g2(V4) = V2 です。

さらに、g2(V1) = V1, g2(V3) = V3 なので、g2 はどの点も動かしていません。

g を表す行列 B ですが、B と B で行列の乗法を計算すると単位行列になっています。

f を 表す行列 A についても、4 乗したときに初めて単位行列となります。

表現行列が具体的に分かっているので、行列を計算することで、f の位数は 4 で、g の位数が 2 ということが、すぐに分かります。

以上の内容から、写像の合成を積とする f と g で生成される群 G を定義することができます。

生成と最小性

可逆な線形変換 f と g で生成される群 G というものを特徴づけます。

f と g を含む包含関係についての最小の群というのが、生成される群の定義です。

この定義のままだと、よく分からないので、f と g で生成される群というものを特徴づけます。


【命題】

f と g を含む包含関係についての最小の群を G とする。

この G は、f, g, f-1, g-1 の 4 個の線形変換を有限個で積をとったもの全体である。


<証明>

f, g, f-1, g-1 の 4 個の線形変換を有限個で積をとってできた線形写像は、群 G に含まれています。

そのため、f, g, f-1, g-1 の 4 個の線形変換を有限個で積をとったもの全体 H が、G の部分群となっていることを示せば、最小性から H と G が一致します。

xi (i = 1, 2, 3) をそれぞれ f, g, f-1, g-1 のどれかだとすると、
x1(x2x3) = (x1x2)x3 です。

で、x1x2x3 は可逆な線形変換で、正方形の形を変えない合同変換になっています。

※ 写像の合成について結合律が成立するという集合論入門の内容と、線形変換のどおしの合成変換も線形変換で、線形変換の逆写像も線形変換という内容を使いました。

そして、f, g, f-1, g-1 の 4 個の線形変換を有限個で写像の合成をしたものどおしを合成しても、やはり、f, g, f-1, g-1 の 4 個の線形変換を有限個で写像の合成したものです。

これで、H が積で閉じていて、結合律が成立していることが確認できました。

xi (i = 1, … , n) を f, g, f-1, g-1 のどれかだとすると、x1x2…xn の逆写像は、
xn-1…x2-1x1-1 です。

つまり、
(x1x2…xn)-1 = xn-1…x2-1x1-1

これで、逆元で閉じていることも分かりました。

したがって、H ⊂ G であり、H は f, g, f-1, g-1 を含む群なので、G の最小性から H と G は一致します。【証明完了】

これで、命題が証明できたので、だいぶ f, g, f-1, g-1 を含む群 G が具体的になってきました。

ここからは、G の二つの生成元についての関係式について考察します。

二面体群 :生成元と関係式

f と g の二元で生成される群 G を

G = <f, g> と表すことにします。

先ほど証明した命題から、G は f, g, f-1, g-1 の 4 個の線形変換を有限個で積をとったものです。

有限個の元で生成されている有限群があったら、各生成元の位数と、異なる生成元で積をとったときの関係式が知りたいところです。

位数については、f が 4 で、g が 2 ということが分かっています。後は、f と g についての関係式です。

f は原点を中心とする左回り 90° の回転移動です。g は x 軸についての折り返しでした。そこで、合成変換 fg について、各正方形の頂点の動きを調べてみます。

g は x 軸上の点を動かさないということに注意して、それぞれの点の移動先を調べます。

fg(V1) = f(V1) = V2 です。残りの 3 つの点の移動先も見てみます。

g は V2 と V4 の入れ替えでしたので、 

fg(V2) = f(V4) = V1,
fg(V3) = f(V3) = V4,
fg(V4) = f(V2) = V3,

よって、
正方形V1V2V3V4
  ↓ fg
正方形V2V1V4V3

さらに g で移してみます。

正方形V2V1V4V3
  ↓ g
正方形V4V1V2V3

今、gfg という三個の線形変換の合成を施しました。正方形の動きについて、動かす前と、三個で動かした後を見比べてみます。

正方形V1V2V3V4
  ↓ gfg
正方形V4V1V2V3

これは、正方形V1V2V3V4 を原点中心に左回りに 270° 回転させたことになります。

実際、行列の計算をすると、f を 表す行列 A と、g を表す行列について、

BAB = A3 = A-1 となっています。

g = g-1 なので、g から f への共役作用の結果が分かりました。

gfg-1 = f-1 となっています。
(もしくは、gfg-1 = f3)

gfg-1 ≠ f なので、f と g は可換ではないということも分かりました。
 
G における一元生成の巡回部分群も用意しておきます。

{e, g} = <g>,
{e, f, f2, f3} = <f>

よって、二面体群 G は、

<f, g | f4=g2=e, gfg=f-1> となっています。

この関係式を手掛かりに、G の位数を調べます。

G=<f><g>の証明

e = f0 = f4, e = g2 として、

{figk | 0≦i≦3, 0≦k≦2}
= <f><g> を考えます。

gfg = f-1 で、g-1 = g なので、

gf = f-1g = f3g となっています。

<f><g> が G の部分群となっていることを示します。

(fi)-1 = f4-i, (gk)-1 = g2-k なので、

<f><g> の任意の元を
fi1gk1, fi2gk2 とすると、

(fi1gk1)(fi2gk2)-1 = (fi1gk1)(g2-k2f4-i2)
= fi1g2+k1-k2f4-i2

ここで、g の位数は 2 なので、
g2+k1-k2 = e または g です。

g2+k1-k2 = e の場合、

(fi1gk1)(fi2gk2)-1 = fi1f4-i2
= (fi1f4-i2)g0 ∈ <f><g>

g2+k1-k2 = g の場合、

(fi1gk1)(fi2gk2)-1 = fi1gf4-i2

ここで、f4-i2 = e だと、
fi1gf4-i2 ∈ <f><g> です。

f4-i2 が f, f2, f3 のどれかだとすると、
gf = f-1g なので、
fi1gf4-i2 ∈ <f><g> です。

よって、いずれの場合であっても、

(fi1gk1)(fi2gk2)-1∈ <f><g>

ゆえに、部分群の判定方法より、

<f><g> は G の部分群です。

f-1 = f-1e, g-1 = eg-1 なので、
<f><g>は、f, g, f-1, g-1 という 4 個の元を全て含んでいます。

G は f, g, f-1, g-1 という 4 個の元を全て含んでいる最小の群だったので、

G = <f><g> となります。

次に 有限群 G の位数を決定します。ここで、線形代数で学習した固定点の発想が効いてきます。

二面体群 :Gの位数は8

G = <f><g> の位数を決定します。

<f><g> = <f>∪<f>g

f は、頂点 V1, V2, V3, V4 のどのも固定しないので、g は <f> に含まれていません。

また、g は V2 を V4 に移すので、恒等変換 e とは異なります。

よって、右剰余類<f>と<f>g の共通部分は空集合です。回転角の違いから、<f> は、4 個の元が含まれています。

0 ≦ i1 < i2 ≦ 3 について、
fi1g = fi2g だと仮定すると、
fi1 = fi2 となり、i1 < i2 に反してしまうので、
fi1g ≠ fi2g です。

よって、<f>g には 4 個の元が含まれています。

以上より、
<f>∪<f>g = G に含まれている元の個数は、4 + 4 = 8 となります。

これで、正方形V1V2V3V4 の形を変えない二つの合同変換で生成された二面体群の元の位数が 8 だと分かりました。

直積分解ではない

G = <f><g> で、<f>と<g>の共通部分は単位元 e のみです。しかし、これは内直積ではありません。

理由は、<f>と<g>が可換でないからです。

部分群 K1 と K2内直積に分解していたとすると、K1 の任意の元と K2 の任意の元が可換となっています。
※ 内直積の定義と同値な書き換えについては、リンク先の記事で解説しています。

しかし、はじめの方で確認したように、
gfg-1 ≠ f なので、f と g は可換ではありませんでした。

そのため、G = <f><g> は内直積ではありません。群論の入門内容の基本となる定義や性質は、きっちりと押さえておくと、具体的な例を応用分野で考察するときに役に立つかと思います。

それでは、これで今回のブログ記事を終了します。

読んで頂き、ありがとうございました。